教室インターホンが動かない原因は・・・?(問題ケースまとめ)

こんにちは、今回は学校LANの教室インターホンが使えなくなった実際のケースをお話します。

原因を知ることは、いま運用中の障害対処だけでなく、これから校内LANの教室インターホンを新規検討する際にも有益だと考えました。

これまで15年間に、さまざまな障害が発生しましたが、ほとんどの場合(99%)は、校内LANの問題発生が原因となり、それが教室インターホンへ影響する事で発生し、その問題対処も行いました。

また問題が発生したとしても、個別のインターホン機器(おおむね1台)で、学校全体が使えなくなる障害は1件も発生しませんでした

下記へ、これまでのケースをまとめました。

Read More »

教室インターホンの設定情報を変更・更新するには・・・? 

こんにちは、今回は前回の動かないIPインターホンを復旧するために、インターホンに設定した情報を変更・更新します。

まず、事前の知識として順序とワークフローを下記に示しておきます。

(Step1)全体のインターホン登録情報を入手把握する。

Read More »

動かないインターホンを復旧する事前の確認ポイント

最近4月からブログを再開したところ、早速、「学校で導入して、いま運用ができていない」とのご連絡を頂きました。(涙)

冒頭ブログでも説明しましたが、少しやり方を覚えていただくことで、学校LANのIPインターホンの復旧が行うことができます。

今回は、インターホンが使えない場合の復旧についてお話をいたします。

まず業者へ依頼する前に、事前に問題の箇所を把握し確認しておくことで、余分な調査作業の時間と費用を減らすことができますので、 ぜひこちらをご一読ください。

問題をしらべる? どこを? という際の事前知識として、まずインターホン機器が動かないのは、学校LANのネットワーク機器か、インターホン機器なのかを調査します。

Step1. IPインターホンの動かない原因を調べます。

すぐ調べられること、

Read More »

15年間で故障するトップは・・・その原因は!?

今回は15年間で故障するものについてです。

メーカーとして故障するものをわざわざ書くのは、なかなか勇気がいりますが正直にお知らせします。

さて、いったい故障するトップは、

Read More »

国立京都教育大学付属桃山小学校へ導入 (無線LANで隣接の学校へ即時に緊急情報を連絡)

このたび、国立京都教育大学付属桃山小学校(含む付属幼稚園および付属中学校)に
「キッズ救急」が導入されました。(3校44室)

小学校の緊急情報を、中学・高校へ直ちに通報し学校間で緊急情報を共有する新たな事例です。
(1)小学校では校内LANを活用して各教室の緊急発生を職員室に通報・表示します。
(2)小学校から幼稚園と中学校の間を無線LANで中継します。
(3)小学校の緊急通報を同時に幼稚園・中学校に発信・表示して情報を共有化します。
(4)緊急時だけでなく、毎日の学校間の連絡手段として運用できます。

今回の導入により、
緊急時に隣接した学校間同士の緊急情報が直ちに共有化されるのと同時に、
いつでも必要な時に学校間同士での連絡がとれるようになりました。

当社は、校内LANを活用して安価・容易に緊急通報システムが構築できる「キッズ救急」を
全国へ展開中です。