~校内IPインターホンを学校同士の安心ホットラインへ活用へ~

 校内LANのIPインターホンを、今後、教育情報ネットワーク(地域プロバイダー)を使い、
より広域に発展させた学校間同士の安心ホットラインを構築・推進します。 

 安心ホットラインは、各学校が接続する地域プロバイダーからの専用IPアドレスを
IPインターホン端末へ割り当て、お互い端末のルーティング設定を行うことで可能となります。
 
  この効果として次の活用方法が想定されます。

1) 学校同士の緊急連絡網として活用

  学校校内のみならず、学校同士の緊急連絡網として
 不審者や事件発生など緊急時に複数の学校、教育機関の間で連絡をとる必要が
 ある場合に、情報共有のホットラインとして使う事ができます。 

 また、ひとつの一元管理された専用ホットラインとして、各端末へ緊急(“99xx”など)の
 独自ナンバーの割り当てが行えます。

2) 複数学校同士のプロジェクト授業・ホットラインとして

   教育現場など、複数の学校同士のプロジェクト授業など、担当者がより緊密な連絡が
   必要な場合に、現場の先生や生徒同士の専用ホットラインとして活用できます。
   短縮ダイヤルには相手先が最大140件登録できますので、ワンタッチで操作が行えます。
   

3) 遠隔から一元管理で変更・更新

   設置後に、設定の変更したり情報更新したりするために、
  その都度、設置した箇所へ行かなくても、遠隔からネットワークを経由して
  管理PC(インターネットエクスプローラー)で電話機端末の一元管理を行う事ができます。
  学校施設(職員室、教室など)へ立入る必要がありませんので、セキュリティ面でも
  安心です。

 弊社は、今後もプラスワンの安全・安心を広げ実現して参ります。

学校現場のプラスワンの安全耐震補強サービスを開始します

このたび、当社は学校現場の耐震安全サービスを開始いたします。

東日本震災のあとも東日本ではたびたび強い地震が発生し不安定な日々が続きます。
当社は、耐震補強対策で豊富な実績ある株式会社セイワプラン(板橋区 宇都宮社長)と協力提携し、学校向けに設備什器を安全に固定し、強い地震から生徒を守る耐震補強サービスをご提供いたします。

全国の各自治体、学校において、まとまった耐震予算が必要となる場合でも、それぞれの予算にあわせて柔軟に対応でき、いままで培った現場ノウハウで高コストパフォーマンスの耐震補強サービスをご提供いたします。

お見積もりなど、お気軽にお問合せください。 (連絡先:070-6655-2570) 

「キッズ救急」を導入し緊急事態発生に備えましょう

このたび東日本大震災により被災されました皆様へ心からお見舞いを申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます

このところ、緊急の事態発生時に、また大切な拠点同士の連絡手段として、
弊社「キッズ救急」へのお問合せが増えております。

キッズ救急は、ルーティング確保されたIPネットワーク上であれば、
校内LANだけでなく広域ネットワーク(WAN、VPN等)でご利用いただくことが可能です。

キッズ救急ホンはサーバー等を一切使用すること無く、内線番号で相手を呼び出す事ができます。
また受話器を上げるだけで自動的に発信するホットライン機能もあります。
 
すでに、日本では納入実績7000台を超え、学校の現場で日々活用されて大変喜ばれています。

製品供給は、万全を期して行っておりますが、まとまった数量の際は使用環境の確認などもありますため、
なるべく早めのお問合せを頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

「キッズ救急」チーム一同

横浜市の小学校2校へキッズ救急が導入されました

2011年3月、横浜市の六つ川小学校小坪小学校へ学校内の連絡手段として、キッズ救急ホンを導入して頂きました。

横浜市の小学校はネットデイにより既に校内LANが整備され、全ての教室に情報コンセントも整備されていました。今回の2校は、校内LANの利用をパソコンだけでなく、校内用のインターホンとしても活用できるというキッズ救急ホンのメリットにご注目頂きました。

キッズ救急ホンは、内線番号140件まで対応可能な機能を持っています。学校が希望する内線番号を全ての教室に設定して、各教室に電話がかけられるので、とても便利にご利用頂けます。

また、キッズ救急ホンの導入に必要な設定作業は全て終わってから学校に届きますので、面倒な設定作業も必要なく、学校は製品の取り付けだけでキッズ救急ホンを導入できる点にもメリットを感じて頂きました。

これを機会にさらに横浜市の小中学校、また多くの小中学校へ校内LANの活用としてキッズ救急を導入して頂けるように今後も努めて参ります。

デジタルテレビ盗難警報装置「でじもり」を発売

この度、業界初の校内LANを活用したデジタルテレビの盗難警報装置を発売開始いたします。最近、デジタルテレビ(地上波デジタル対応テレビ)等の盗難事件が多数発生しています。盗難対策として防犯チェーン等がありますが、切断されたりして役に立たなくなった事例が多数発生しています。

「簡単で効果的な対策方法はないか」という要望が現場から多く問い合わせがあり、それらの要望を実現したデジタル御守りシステム「でじもり」は、主に以下の特長があります。

1)各デジタルテレビ本体に取り付ける警報発信器とそれらを取りまとめる1台の警報受信器で校内LANを使って構成されます。

2)警報発信器のLANけーブルまたは電源ケーブルが外れた時、警報受信器が盗難を検知し外部へ警報信号が送信されます。

3)警報受信器が検知した教室がモニターへ表示されます。

4)警報受信器は外部に出力できるa接点を持っていますので、警備会社等への通報が可能となります。

5)警報発信器・受信器はコンパクトサイズで管理が容易で廉価な価格設定です。

弊社は、高額なデジタルテレビの盗難防止を、簡単に構築できる「でじもり」を推奨いたします。

<でじもりのお問合せ>
メール:info@altel.co.jp
※メール送信時は@を半角へご変更ください