ディレイ・ウォッチャー

ディレイ・ウォッチャー

IP電話導入時の課題として音声品質があります。モバイルセントレックス、 無線LAN携帯電話端末の導入では特に音声遅延時間の厳密な測定 が重要です。
その際は、ハンディサイズで簡単に音声遅延を測定できるディレイ・ウォッチャー をどうぞご活用下さい。

特徴

  • 非常に持ち運びが簡単です。
  • パルス音の出力から入力までを測定可能です。

測定モード

VoIPに限らずWiFiフォン、携帯電話などの音声遅延も測定可能です。

ノーマルモード

遅延測定器単体でパルス音の出力と入力を行い、遅延を測定します。

同期モード

右側の測定器からパルス音を出力し、左側の測定器でパルス音の入力を行い、遅延を測定します。
遠隔地、または片方向の遅延測定に最適です。

なお事前に同期を取る必要があります。

フィードバックモード

2台の電話間の往復の遅延時間、遠隔地の遅延時間測定に最適です。右側の測定器
はノーマルモード、左側の測定器はフィードバックモードに設定します。このモードは
MICから入ったパルス音を即スピーカーに出力します。

仕様

型名 PH-7417C
測定範囲 0msec−2.4sec(測定間隔設定による)
測定制度 1msec
検出感度調整 ±127段階で音声エリア調整可能
表示 16文字×2行表示 LCD表示
測定部(内蔵) スピーカ、マイク
測定部(外部端子) マイク入力、ライン入力、ライン出力
外部インターフェース シリアルライン※PC接続専用ケーブル使用
電源 単4乾電池 2本(連続使用約10時間)
※連続使用時間は、電池・使用環境により異なります。
付属品 測定用マイクロフォン・PC接続専用シリアルケーブル
マイクカットピン・ 単4電池(2本)
※USB接続ケーブルは付属しません
重量 230g以下(電池含む)
電源 入力:ACアダプタ(100V.10V、50/60Hz)
使用温度範囲 10℃〜40℃
カタログ ディレイ・ウォッチャーPDF